データ復旧サービス・価格一覧表

2017年5月31日・現在


データ復旧価格一覧表

※機器メーカーは、問いません。

※上記価格は、最大での価格設定です。メディアの障害程度により、リーズナブルに対応させていただきます。

 詳しくは、無料診断後のお見積書でご確認ください。

※上記、記載以外の機器でも、ご相談ください。

サーバーは、環境ごとに使用機器等の構成が違うため、別途見積とさせていただきます。

※外付けハードディスクNASRAIDに搭載されているドライブ数が5本以上の場合は、上記価格表に記載している4ドライブの価格よりハードディスク1本あたり、50,000円(税別)が別途、加算されます。

 

※納品用メディアは、CD・DVD・ブルーレイ3枚まで、無料です。

※ハードディスク無料レンタルサービス(納品日より1週間後返却・返送時の送料はご負担ください)をご利用ください。(2TBまで)

※返送時には、納品時の精密機器ボックスを、ご活用ください。

※ハードディスクは容量に応じて販売可能です。別途加算されます。詳しくは、販売価格など、お問合せください。

 または、お客様でご用意いただいても構いません。

 

※データ復旧後の運用相談も、お気軽にお問合せください。

論理障害

  • 軽度障害 ファイルシステム障害(破損・消失)
  • 中度障害 誤操作による初期化や削除
  • 重度障害 高度なデータ解析を必要する場合

物理障害

  • 軽度障害 S.M.A.R.T 障害・少量の不良セクター
  • 中度障害 読取装置・PCB基板・スピンドルモーター・プラッターのダメージが認められ、機器の開封作業を必要とする場合、多数の不良セクターがありデータ取得が難しい場合
  • 重度障害 通常の部品交換では対応できない、プラッターの障害、極めて復旧が困難な場合、他社で開封および復旧作業が実施されているもの、論理障害、物理障害の複合的な場合

RAID構成

  • ボリューム:RAID0・RAID1・RAID1E・RAID3・RAID5・RAID6・RAID10・JBOD

ファイルシステム

  • Windowsシステム  :FAT12、FAT16、FAT32、exFAT、NTFS、NTFS5
  • Macintoshシステム:HFS/HFS+
  • Linuxシステム        :UFS1/UFS2,、Ext2/Ext3/Ext4 FS

データ復旧に対応しているメーカーやOS

データ復旧サービスに対応しているメーカー

データ復旧に対応している機器

様々な機器に対応しています。詳しくは、データ復旧対応機器のページにて、ご確認ください。

お客様のもっとも大切なデータより復旧作業を実施

データ復旧作業は、原則お客様のご要望データから・その後、他のデータの取得を行います。
また、データ復旧可能(取得可能)なリストを事前に提示いたします。

 

お客様の事業(営業)を速やかに再開していただくことを目的としており、極力損失等を最小限に抑えるため、取得可能な一部のデータを先行して、納品することも可能です。

データ取得ができなかった場合

ご安心ください!お客様へ費用を請求することは一切ございません。

著作権保護

著作権保護された、デジタルデータは、CRIC公益社団法人著作権情報センター「著作権法第17条第1項(参照)」のガイドラインに基づき、データ復旧はできません。

 

なお、当ホームページから、CRIC公益社団法人著作権情報センター・ホームページへ、リンク設置につきましては、許可を得て掲載しております。